「スーツを着て働く自分の姿」が想像できなかった就活、ZEN PLACEとの出会い

幼少期からスポーツ一筋の生活を送っていたKazukiさんは、就職先もスポーツ業界を希望していたものの、理念に共感できる企業になかなか出会えなかったといいます。そんなとき、ふと参加したZEN PLACEの説明会でピラティスに出会いました。
努力を重ね新卒社員初のファカルティとなり、現在は2店舗のリーダーとして活躍するKazukiさんが、入社からレッスンデビューまでの思い出を振り返ります。

Kazuki

4歳から現在までアイスホッケーをしており、ピラティスを始めて氷上でのパフォーマンス向上を実感。2015年に新卒採用でZEN PLACEに入社する。
その後、BASI創始者Raelの認定を受け、新卒入社で初のファカルティとなる。
現在は下北沢リフォーマー専門店、zen place basi pilates2店舗のリーダーを務める。

ZEN PLACEの説明会は、企業理念や雰囲気が他社とまったく違った

――Kazukiさんは長年アイスホッケーをやっていたそうですね!
そこからピラティスの世界に飛び込んだ経緯を伺いたいです。

 僕は4歳からずっとアイスホッケー一筋の生活でした。現在もやっています!
 その影響か、就活をしていく中で「スーツを着て働く自分」の姿が想像できなくて……。なので、スポーツに携わりたいという思いで就活をしていたのですが、どのスポーツ系企業も掲げる理念が似たりよったりに感じてしまい、ピンとこなかったんです。
 そんなときにたどり着いたのがZEN PLACEの会社説明会でした。

――ピラティスについてはあまり知らないまま説明会に参加したんですね。

 そうなんです。だから説明会で「ピラティスをすると心と身体が変わります!」と言われて、最初は正直「なんかやばいところに来てしまったかも?」と思いました(笑)
 でも、これまで説明会で見てきた他社とは理念や雰囲気がまったく違うと体感し、おもしろそう!と思って入社を決めました。

目標を達成してもそこがゴールではない、常に学びの連続

――新卒入社からレッスンデビューまでの道のりについて教えてください。

 まずは決まったオーダー(エクササイズの順番)を覚えて、ひたすら練習を重ねて先輩のチェックを受けるというのを繰り返し、それが身についたらデビューという形でした。
 本デビューに進む前にプレデビューを3回行うのですが、集客も自分でしなければいけません。自分で手書きの集客ポップを作った際に、それをクライアントさんに褒められたのを今でも覚えてます。嬉しくてそのポップをスタジオにたくさん貼りました!(笑)

 

ーーデビュー後、レッスンができるようになって嬉しかったことや、悔しかった・大変だったことはありましたか?

 初回のレッスンはとても緊張しましたが、やりがいをすごく感じましたね!
 さらに向上できるように、先輩やクライアントさんが求めていることを常に考えて、早く行動するよう心がけていました。なので、考えて動いた結果がうまくいかなかったときは落ち込みましたね。

 入社から3年くらい経って、ファカルティという上級講師を目指しはじめました。2〜3年ほど取り組む過程でいろいろなフィードバックを頂き、悔しくて先輩相手に言い返したこともありました(苦笑)
 2021年の8月にBASI創始者Raelの認定を受けて、晴れてファカルティになれたのですが、ここがゴールではなくもっと学ばなくてはいけないと思っています。
 常に学びの連続ですし、自分はまだまだ成長していると感じます!

ーー現在は2店舗のリーダーとして活躍するKazukiさんにも、思い悩む時期があったのですね。

――仕事を通して印象に残っているエピソードはありますか?

 新卒2年目のときに、リーダーとして新店舗立ち上げを任されたことです!
 いろいろ辛いこともありましたが……スタジオが発展していくのが、まるで我が子の成長を見るかのように嬉しく思えました。

朝型生活や運動の習慣が身につくようになった

――ZEN PLACEで働くようになって、趣味や生活習慣の変化はありましたか?

 ZEN PLACEで働き初めてからは毎日21時に寝て5時に起きる朝型生活になったのが大きな変化です!
 運動習慣は以前からありましたが、休みの日にはジム行ったりランニングやピラティスをしたりと、より習慣が身についてきました。アイスホッケーに対する取り組みも変わってきました。

――日々アクティブな生活を送っているんですね!
プライベートでは、社員同士でのコミュニケーションは盛んですか?

 今は新型コロナの関係でできていないですが、社員同士でご飯に行ったりはしますね!
 新卒7年目の同期たちと集まってオンラインで練習することもよくあります。
 この自粛期間でさらに成長しようと、みんなで企み中です!

「ピラティスで世界が平和になる」と信じている

――未曾有のウイルスで不安定な世界に対して、ピラティスはどんな役割を果たせるでしょうか?

 世界全体が、今までの生活様式から変わらざるをえない状況で、ネガティブなワードが飛び交う毎日。
 それに振り回されたり、まだ起こっていないことに対して不安に感じたりすることがあるかと思います。
 ですが、最終的に一番頼れるのは自分自身の心と身体です。ピラティスは心身を元々あったいい状態に戻すために、人本来の機能を取り戻して脳と身体のコネクションを強くし、自分で自分をよくしていくものです。ピラティスを繰り返すことで、今やるべきことは何か?その悩みや不安がどこから来るのか?など、俯瞰して自分を見られるようになります。

――不安を抱えているときこそ、自分自身の心身と冷静に向き合うことが大切ということですね。
パンデミックだけでなく、様々なシチュエーションで同様のことが言えますよね。

 僕は「ピラティスで世界が平和になる」と信じています。世界中のみんながピラティスをしてその恩恵を受けられれば、きっとどんなことも協力して乗り越えられる、新しい世界へとみんなで進んでいくことができると信じています。ピラティスで世界を変えましょう!

――最後に、学生の皆さんへのメッセージをお願いいたします!

 学生時代は本当に今しかありません。死ぬほど遊んで死ぬほど楽しんで死ぬほど悩んでください。
その時の友達は一生の友達になりますし、社会人になってからの支えにもなります。
 今が一番若いので、遊びもバイトも部活も習い事もデートも!(笑)何事にも全力投球してください。
 ZEN PLACEに入社したら、その思い出をぜひ僕たちに聞かせてくださいね。みなさんに会えることを楽しみにしています!

Our Message
Diversity&Inclusion

  • 新卒入社WE

    日々の地道な練習と実践、そしてアメリカ実地研修へ。ファカルティになるまでの道のり
    Saki
    #フィンスイミング #日本体育大学

  • 新卒入社WE

    ピラティスと出会い、ありのままの自分でいられるようになった。ZEN PLACEで見つけた新たな夢
    Takashi
    #リハビリ #予防 #都留文科大学

  • 新卒入社WE

    技術を伝えるだけの仕事ではない。ヨガ・ピラティスが追求していく「本当の豊かさ」
    Risa.F
    #デザイン #大分大学 #芸術 #身体表現

動画一覧

バレエ漬けの生活からピラティスの世界へ……元バレエダンサーが感じた心身の変化

Mayuko
#クラシックバレエ #ドイツ国立マンハイム音楽舞台芸術大学 #ドイツ語 #海外

zen place pilates 目黒スタジオでピラティスを教えるMayukoさんは、元クラシックバレエダンサー。
大学時代にドイツへバレエ留学をしていた際、必修科目として触れたピラティスに感動したことがきっかけで、ピラティス業界に興味を持ったそうです。
ZEN PLACEで働くことの楽しさやスタジオの特長、そして元プロダンサーの目線から見たピラティスの魅力と心身の変化について、じっくり語っていただきました。

もっと読む

「スーツを着て働く自分の姿」が想像できなかった就活、ZEN PLACEとの出会い

Kazuki
#アイスホッケー #スポーツ #ファカルティ #世界平和 #新卒入社7年目 #神奈川大学

幼少期からスポーツ一筋の生活を送っていたKazukiさんは、就職先もスポーツ業界を希望していたものの、理念に共感できる企業になかなか出会えなかったといいます。そんなとき、ふと参加したZEN PLACEの説明会でピラティスに出会いました。
努力を重ね新卒社員初のファカルティとなり、現在は2店舗のリーダーとして活躍するKazukiさんが、入社からレッスンデビューまでの思い出を振り返ります。

もっと読む
インタビュー記事一覧

ZEN PLACEのDiversity & Inclusion

ZEN PLACEは多様なバックグラウンドを持つメンバーの経験・知識・意見を結集し、私たちらしい「Diversity&Inclusion」を推進していきます。

詳細を見る

Join the Mission私たちと一緒にウェルビーイングを創造しよう

エントリーする
エントリーする